忌宮神社(豊浦宮)

見積もり依頼する »

忌宮神社(豊浦宮)

忌宮神社(豊浦宮)

忌宮神社(豊浦宮)の結婚式プラン

忌宮神社(豊浦宮)

ご由緒

忌宮神社は第14代天皇、仲哀天皇がこの場所に豊浦宮を興して7年間政務をとった旧跡です。その後、仲哀天皇が香椎で亡くなられたため、神功皇后によって豊浦宮に鎭祭されたことに起源を発しています。その後、聖武天皇の代に、神功皇后を『忌宮』、応神天皇を『豊明宮』としておまつりしました。

TEL 083-245-1093  神社公式ホームページ

忌宮神社(豊浦宮)の結婚式詳細

初穂料 : 35,000円

挙式場参集殿(結婚式殿)
定員30名
挙式開始時間要相談
所要時間約30分
花嫁仕度室あり、無料
親族控室あり無料
冷暖房特になし
写真撮影の可否集合・スナップともすべて可
駐車場式場(控室)に横付け
雨天時少し濡れる場所がある
式の演出特になし
親族盃の儀式あり
愛犬の同行不可
お申込金&打合せできれば必要

忌宮神社(豊浦宮)へのアクセス


より大きな地図で 長府・忌宮神社 を表示

古い町並みの残る長府の中心にある神社です

アクセス

JR長府駅より車で3分。城下町長府バス停より徒歩5分。

特記事項

下関・長府の昔ながらの武家屋敷の町並みに溶け込む花嫁姿が魅力です。